« 雨の日のつぶやき。 | トップページ | 明日から北海道! »

京都に住むなら パート1

京都にきて一年半。
京都の和文化に惹かれて、京都に移り住んだわけでもなく、
毎日着物きて、和菓子を購入して、町家を改装して住むわけでもなく、
ごくごく普通の「よそさん」が京都に移り住んだ。
その目線で、ちょっと京都生活をまとめてみようと思います

第一弾は、「京都とは芸術の町」。
京都は都であり、すべての中心。お公家さんがお茶や食事などなど
その歴史は想像がつかないほど長く、深い。
それは、何も昔のことに限らず、
現代でも若いアーティストが
活躍できる場所が、非常に多いのだ。
飲み屋やカフェさんは、まだ無名/有名を問わずよくライブを
してるし、
本当にちょっと知り合った人から紹介されて、
陶芸家や織物、ミュージシャンなど色々な
芸術分野の人に会える。
近くのご飯やさんは、店主自身がミュージシャンを志していたそうで、
自分でよくライブをしたり、三味線/ジプシーソング(ジョビジョバとか)の
仲間を呼んだりと楽しそう。
たまたま閉店間際にいったら、音楽家が遊びに来てて、
一曲披露してもらったりね。
そういや、
前のゲストハウスの仲間も色々なジャンルの音楽をやっている若い子がたくさんいて、
テクノ系とかロックとかよくゲストハウスのカフェでライブをしてたな。
あ、ダンサーで講師とかもしてる女の子も一緒に働いてたわ!

だから、何か芸がある人は、特に住みやすいし、
色々なチャンスが転がってるように思える。

私は、絵心もないし、音楽も全然駄目なんで(情けない)、
いつも傍観者だけど、それでもそんな芸達者な人たちと話せるって貴重だと思う。

そんな京都の芸術さを手軽に味わうなら、マーケットへ。
もういっぱいあるんだよ。
毎月21日は東寺で「弘法さん」で親しまれている縁日があるし、
25日は北野天満宮で「天神さん」がある。
夏には、山科や五条坂で「陶器市」がにぎわいを見せ、
秋には、若手アーティストが集まるアートフリーマーケットがたくさん。
それ以外には、古本祭りとか、大原の毎週日曜の朝市とか、
もう数えきれないほど。
だから、暇と体力があれば(いや、暇がなくとも)京都に住んでたら
できるだけ、マーケットに参加すべし、なのである。
ちなみに、この猛暑だった夏に陶器祭りに参加して、
暑さで持つ事ができないほと熱くなってた陶器をみながら、
旦那が側でぐったりしてるのを横目でみながら、
私は何かいいもんはないか、ぐるぐる回ってた。

この間は天気もよかったし、涼しくなったので、
上賀茂神社の手作り市へ。

京都の表参道的存在(いや、表参道の20分の一ぐらいですがね)の
北山からてくてくと鴨川を北上してきます。
奥の山には、送り火の「船型」がみえます。写真じゃわからないけど。

P1030385

まずは上賀茂神社参拝。
おなじみの盛砂。
P1030394

神馬もいるよ。

P1030393

で、マーケットはこんな感じ。

P1030387


アクセサリー、雑貨や食器なんかもうってるんだけど、
とにかく食べます。
まずは、オレンジティースカッシュ。
P1030388

で、極楽チーズケーキ。
これすごい有名みたいで、食べながら歩いてると、
「お店探してるんです、どこですか?」と聞かれました。
濃厚すぎてちょっとひいてしまうチーズケーキが多いけど、
絶妙な濃さですごくおいしかったわ。
(チーズチーズしすぎてて、「チーズ食べた方がいいんじゃね?」って
いうチーズケーキが私はあまり好きではないので。)

P1030391

で、コーヒーを買って


P1030395

小川のせせらぎを聞きながら、
ぼーっとする。至福だ〜。

P1030386

帰りにはステンドグラスのかわいいピアスとか、お水に入れる濾過用の炭とか
買ってみたりとなかなかの充実ぶり。
あと、ベーグルも買ったな(どんだけ食べるの?)。
結構、朝早くからみんな来てるんで、昼前には売り切れの店も多い。
なんで、早めの出発をおすすめします。

私の友達はパンがすごく上手で、百万遍の縁日に出店したいそうなんだが、
競争率がすごく高くてなかなか、出店もできないとのこと。
京都の人は、こんな身近に芸術と触れられて、いいなあといつも思う。

明日は、割烹で知り合った、陶芸家さんの個展におじゃましてこようと思います

おまけ
●ある日の晩ご飯
秋鮭のフライ(衣の卵なしで作ってみた)

P1030405

●ある日のお弁当
鶏胸肉とエノキのトマトソース炒め(ちょっとだけメープルシロップを)
P1030403

●ある日の晩ご飯
超巨大なはまちが2切れ入って、なんと178円!
急遽メニューを変更して、照り焼きに。
旦那がめずらしく食べきれなかったほど。
で、それは私の胃の中へと。。。

P1030384

●ある日のお弁当
冷蔵庫一掃弁当。

P1030400

●ある日の晩ご飯
さんまの蒲焼き丼。長芋をすってトッピングしてみたよ。

P1030397

●ある日の晩ご飯
旦那が残業で遅いので先に。
寒かったので、豚汁と豚肉の湯引き。
ネギだれをかけて。

P1030409

で、旦那の分は自動的に翌日の弁当へ。。。
あ、でも赤ピーマンと緑ピーマンの昆布茶和えとかも作ったよ。

P1030410


|

« 雨の日のつぶやき。 | トップページ | 明日から北海道! »

コメント

はじめまして~(◎´∀`)ノ 
来年に向けて京都に移住しようかと考えているyattiです、どうぞよろしく。
友達の旦那様が京都のかたで、住むなら北区や左京区あたりが良いのでは、と言ってくれています。富山生まれの田舎育ちでして、放射線から逃れて子どもを育てたいし、都会は合わないみたい~写真を見ていると川が流れて素敵ですね!実は私は蛍ですから、笑、川と自然が必要です。更に更に、芸術関係の人が多いとありましたね~良いですね!!また色々と京都のことを教えてくださいね

投稿: yatti | 2012年5月 6日 (日) 12時14分

>yattiさん
はじめまして!のぞいてくれてありがとうございます
そうですね、北区や左京区は閑静な場所ですしね。ただ、通勤場所によってはちょっと不便かもしれません。私は京都でのんびりするなら、大原(左京区の北の端っこ)が好きです。お野菜もおいしくて、車があれば頻繁に通いたい場所ですね〜。京都のシェフの方は結構、大原に仕入れにいかれるとも聞きます。また、京都情報更新しますね♬

投稿: akky | 2012年5月 6日 (日) 13時37分

早速の御返事ありがとうございます~akkiさんはお料理も得意なんですね!私は離婚してからというもの忙しくて料理は手抜きになってしましましたが、以前は毎週七厘でお肉や魚や野菜を焼いて、パンも良く作ったりして過ごしました。生きるということと生活がつながった毎日を送りたいので、いつかはまたキット、ゆっくりと穏やかに、自然と毎日の生活を気持ちよくすごしたいです。あ、でも今も充実してますよ~離婚してさらに自分が好きになりましたし。
京都に関する貴重な情報をありがとうございますネットで検索~ではでは!

投稿: yatti | 2012年5月 8日 (火) 18時45分

>yattiさん
いえいえ、私の場合は単に食い意地が張ってるだけです(笑)。yattiさんこそ、七厘で料理やパンなんて素敵な料理男子ですね〜。自分にぴったりな京都の場所、みつかるといいですね〜。またコメントお待ちしてます

投稿: akky | 2012年5月 8日 (火) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都に住むなら パート1:

« 雨の日のつぶやき。 | トップページ | 明日から北海道! »