日記・コラム・つぶやき

カフェ特集。

実は甘いものはそんなに食べない方で、

お菓子作りも滅多にしないほうだが、

京都に来てから変わってしまった(´Д⊂グスン。

本当に気が付いたら変わっていて、

最初は「○理かしら?」と思ってたのに、

終わっても甘いものが食べたい。

「いやいや、毎日よく歩くようになったからじゃない?」って

思ったが、家から一歩も出てない日でも食べたい。

恐ろしいぞ。

というわけで、カフェ特集第一弾。

●マールブランシュ(北山本店)

サロンで食べるべし。ショーケースにあるケーキすべてを

大きなプレートに乗せて店員さんが席までもってきてくれるので、

ちょっとVIP気分。デコレーションされたカスタードクリームの

バランスの良さには、ただ唸るばかり。お皿なめたいよ(笑)

Photo

●ペーパームーン(四条大丸内)

ミルクレープが有名。本店は北山にあるけど、買い物のついで

に大丸店には2回ほど寄った。午後遅い時間になると、名物

ミルクレープはなかったりするので要注意。店員さんや店の雰囲気もよく

デパート内とは思えない。ミルクレープはしっとりしてて、なめらか。

写真なし。

●efish(エフィッシュ・五条鴨川沿い)

京都の大学を卒業したKちゃんからお勧めしてくれたお店。

Kちゃんは京都大好きっこで、東京を離れるときに京都のいいお店を

紹介した絵本を作ってくれた。とってもとってもかわいくて、夜寝る前によく読み返す。

本当にありがとう!

なかなか、5条あたりはいくことがなかったので、訪れられなかったが

この間、京阪三条から歩いてやっと訪問!Kちゃんが好きというのがよくわかる、

とっても穏やかでかわいいお店。雑誌でよく載ってるので混んでるかと思ったが

以外にすんなり鴨川側のいい席に座れた。頭のよさそうな男の人が本を

熱心に読んでいたのが印象的。京大生かな~。

カップに入ったチーズケーキは甘さ控えめで、酸味も強くなくプリンのようになめらか。

Photo_2

●パパ・ジョンズ(北山店)

NYチーズケーキのお店。私にはちょっとくどくて一個食べるのは

しんどい。好みなのだろうけど、チーズケーキってさ、異様に濃厚なのが

おいしいという人がいるけど、私は苦手。「そんなに濃厚なのが食べたいなら、

チーズケーキじゃなくて、チーズ食べた方がいいじゃん!」って思うのは私だけかしら。

写真なし。

●ぎをん小森(祇園)

これもKちゃんお薦めの一店。GWに友達が来たときに連れて行ったら

とても喜んでくれました。私は抹茶パフェ。雰囲気とてもよし。

Photo_3

Photo_4

●堂島ロール(大阪)

有名なモン・シュシュの堂島ロールです!友達が東京から遊びにきてくれたとき、

だんなが大阪に行って買って来ました。外づらだけがいいうちのだんな(笑)。

でも、本当においしかった。うまく表現できないけど、生クリームがね、もう

本当に溶ける感じで、いくらでもはいっちゃう。あの生クリームどうやったら

作れるんだろう。食べかけの写真で見た目はあまりよくない・・・・。

Photo_5

おまけ

●昨日の晩御飯

(あじの塩焼き。一尾80円だった!うひょーい!)

あとは、厚揚げや、ふきの炊いたん(京都では煮物を『炊いたん』って

言うみたい、かわいいね)

Photo_6

●今朝の旦那さん弁当

(鯖の味噌煮。コチジャンも入れて、ピリカラに。梅を入れると

酸味でさっぱりするし、臭みが出ないので、お薦め。

ただ、鯖の上に薬味を大量に乗せたのでよくみえないね(つд⊂)エーン

Photo_7

●今日の晩御飯

(自家製ロースビーフ。肉の塊が安かった時買っておいて、作って

冷凍保存しておいたもの。肉をローストした時にでた肉汁とポン酢とわさびを

入れて、たれを作るのが我が家流。ただ、

これじゃ旦那には足りないので、鶏ささみをたくさんいれたサラダも。

あとは、おばんざい三銃士(笑)。右端はおからとふきの葉を合えたもの。

ふきの葉は重曹でしっかり灰汁をとって。捨てるのもったいないからね。

Photo_8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「異動になった」

2008年の年の暮れ。

出勤最終日の26日の仕事中、旦那から来た短いメールがすべての始まり。

「滋賀に異動になった」

「え?誰が?」

「俺」

「。。。意味がよくわからない。とりあえず帰って話そう」

そしてその晩。時間は既に残業で夜10時を回っていた。

あまりの驚きと疲れからか、半笑いで旦那に詳細を聞いてみると、

2月2日から新しい職場に転勤だという。

当然私も一緒だ。これに関しては異議なし。

とはいえ、1カ月の間にやるべきことはたくさんある。

年末年始の休みがあるので、

1月最初の出勤日に上司に話さなきゃ。

家は?

車がない私達は移動が便利な所の方がいいだろうから

京都にしよう。

でもどこに?

え?京都から通えるの?

横浜や千葉から東京みたいな感じか?

あ。逆か。

えーっと待って。

今の家を退去する連絡っていつまでにしなきゃならないんだっけ?

っていうか、私仕事辞められるのか?

最悪東京に残ってウイークリーマンション借りなきゃ。

え。え。え。

こんな混乱状態で今年2009年は始まったのだ。

引っ越し準備をしながら時々、寂しくなった。

京都は素敵な街ではあるが、知り合いはほとんどいない。

なじみの店ももういけない。旦那と喧嘩しても頼る人もいない(笑)。

でも、こんな機会って滅多にないはず。楽しまなきゃ。

不安と楽しみが交互に訪れた。

一千年以上という、想像すらできない時間が流れた

古都、京都を数年住んだところで分かり切るのは難しいだろうけど、

日々出会う人々を通して少しでも京都を知れたらいいな。

というわけで京都での日々の発見を記録として残すために、ブログを立ち上げました。

基本的にタイトルは自分以外の人の言葉を引用しています。

(差し障りのない範囲で)

主観的な内容にならず、色々な人の見方が少しでも反映されているほうが

面白いし、不思議な事に自分が感じていることを他人の方が適切に表現してくれることが

多いように思うからです。

これからどうぞご贔屓に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)